ERROR and RETRY

‐‐‐‐‐白夜の語り部 Diary‐‐‐‐‐

 ■スポンサーサイト

--,--,--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 ■体の節々が痛む・・・

2008,04,30(Wed)
N天堂出しが終わってプロジェクトにカタが付いて以降ずっと家に引きこもって絵描いたり曲作ったりしてるんですが、我が家には椅子などという便利なものはなく終始胡坐をかいているため足の禁忍苦がこれでもかってほど痛みます。
座椅子とかPCデスクが欲しいところ。物欲はどこまで行っても募るばかりですねOrz

あとうつ伏せになって海老反りすると凄く腰が気持ちいい。もしかしてこれもう危ないラインなんだろうか(´・ω・)
スポンサーサイト

 ■久しぶりに新しい絵が

2008,04,29(Tue)
■リンクページ
前々からリンク貼りたいサイトとか貼れと言われてたサイトとか加えたらなかなかカオスな様相を呈してきました。今更と言えば今更だけどある程度整理された状態でこれってどうなのよ!orz


■ニュー絵
先日ギャラリーに追加した絵は以前描いたものなんで新しい柄というとかれこれ三ヶ月ぶりくらいになるのか(汗)
違うんだこの半年俺は絵じゃなくてドットキャラとか曲ばっか描いたり書いたりしたりしていたから描けなかっただけなんだ少しは話を聞いてくれてもいいだr

そんなわけでまあモノクロ絵なんですが5時間くらいで描き込んでみてたんですが。まあ、その、なんだ。
力入れて描いたところ殆ど縮小で潰れてるよねというorz 日記絵に少し大きいものを掲載しますがこんな感じになってるんです。左右のよくわからないもの(自分としては意図したモチーフがあるのですが、見る人によってちょっと違う解釈も出来そうなのであえて黙っておく)もブラーとか使ったわけではなく手描きでやっております。
毒の強い抽象的な絵を描きたかったこともありこんな感じになってますが、グラデーション+モノクロという単純すぎるまでのポイントは上手い具合に使えてるんじゃないかなあと。
黒グロしい物を作りたい熱というのが最近高まってきてるのですが、これくらいのイメージのコンセプトアルバムもまた作ってみたいなあと思う次第です。人の心の闇とか狂気とか好きな人向け。人としてネジが外れてる人推奨な感じの。

ちなみにこの絵、掲載する直前まで名前が決まってなかったのですが、それまでの名前が「chu2.psd」。名前の意味はとっても自虐的ですorz
そこ! ちゅーちゅーとか読まない!


■久々のWeb拍手返信
>男も女も描けるたあ、すごいです。
ありがとうござい! でも大体は顔の形同じだったりしちゃうあたり悩みの種になってたりしますorz もうちょい奇抜な顔とかも描いてみたいですね。

>世界観が出来てるなー尊敬するぜ
フハハ聞いて驚けその世界観というのは5年位前から作りためてたオリジナルの小説が元になっててだな、当時はサイトに設定とか掲載したりもしてたんだ。

要するに、その世界観のベースになっていたものは今では黒歴史です。
でも世界観自体は気に入ってるのでこれくらいのファンタジー度合いでなんか作ってみたいなーとも思うんすよね。

>男でもいいならセッツァーとか見てみたいです。む、無理しなくていいんだからね!?
セッツァーノだなOKOK! ま、まあそれほど暇でもないと思うんでちょこちょこ描いていこうと思います(;=ω=)
ちなみに描くキャラですが
1:セッツァー(FF6) 2:エリィさん(ゼノギアス) 3:ビっ子さんの順になりました。がんばる!

 ■現実逃避

2008,04,28(Mon)
作曲やデザインの仕事の進みが悪いとどうしても現実逃避に出てしまうことがあります。
とは言えおもむろにPS2を起動させてゲームを始めるほどの度胸は自分にはないので、それぞれどこかで繋がってる作業にをするようにしてます。前者の場合は耳コピ、後者の場合は落書きという按配ですね。
最近デザイン関係は全然詰まることがないので大抵の場合現実逃避は耳コピになってしまうのですが、まあ完成しないまま数だけ増える増える(;=ω=)
比較的完成度が高いものだけ上げますと
・ユグドラユニオン - 帝国軍出撃!/名将クラス
・つぐない(サントラ an cinniuintより) - 魔王決戦
・クロノクロス - CHRONO CROSS~時の傷痕~
・ファイナルファンタジータクティクス - 橋上の戦い
・聖剣伝説 Heroes of Mana - 震える大地、運命の時
・智代アフター - hope
・ルミナスアーク - Fellow
・CLANNAD - Etude pour les petites supercordes
・東方文花帖 - 天狗が見ている ~ Black Eyes

・・・・・・・まあ、ざっとこんな感じで(汗)
完成度高いものだけでこれなんで、低いものはもっと大量に転がってます。
もう完成させる気ないだろお前(;=ω=)

 ■久々になんか描いてみる

2008,04,27(Sun)
久しぶりにペインター立ち上げて絵描いてみたら思いっきり腕落ちてやんの!(笑) そりゃー曲ばっか描いてたらなあ(^^;)
簡単なイメージイラスト的なものを描いてみてるんですがなんか妙に女声向けチックな方面に進んでしまってるわけで違う俺はそういう層を狙ってるわけじゃないんだー

ちなみにネットのお知り合いにこの絵を見せましたところ、俺実は女じゃないか疑惑が飛んできたんですが全然そんなこたーねえっす。このキャラも女の子です。凄くややこしいラインですが。


ところであれだ、オリジナルキャラに対する描きたい熱というのが最近落ちてきてるんですがなんか描いて欲しいキャラとかあります?(できれば知ってる範囲で)
二次創作とかも特にしたいと思わんタチなんであまり既存のキャラとか自分から描こうと思えないんですよね(´・ω・)

 ■アレンジはどこまでやっていいのか?

2008,04,26(Sat)
とあるところで「曲にオリジナルのメロディを入れてるのはアレンジとは認めない!」みたいなことが書かれてたのを見て「じゃあアレンジってどこまでやっていいもんなんだろう」とか考え込んでたんですが、結局のところどこまでやってもいいんじゃないか、という結論にたどり着いてしまいました。
アレンジというのはどういう形であれ「その曲を別の側面から補完する」という意味合いを持っていると自分は思ってるのですが、少しでも原曲のモチーフを残していればそれはアレンジと呼んで問題ない紋なんじゃないか?と思うわけです。
東方永夜抄のシンデレラゲージはかごめかごめのアレンジと呼んでいいかどうか、というような話ですね。

どこまで原曲破壊(というのも言い方が悪いですが)していいかというのは編曲者の裁量次第なのですが、別にシンフォニック風に仕立て上げてみました、音がいいバージョン作ってみましたというライトアレンジだけでやってみてもあまり面白くないんじゃないかなあ、とか思ったり思わなかったり。
自分はFF4のアレンジアルバム「ケルティックムーン」やクロノトリガーの例の目玉焼き(笑)、FF10のピアノコレクションの「ビサイド島」とかCLANNADの「MABINOGI」でのアイリッシュチューンなんかも大好きであるわけで、アレンジするということ自体に関してはそれくらいやってしまいたいなあとか思っちゃうわけです。
別にオリジナルのメロ入れても雰囲気を変えてしまおうが全然問題ないんですよね。
自分も今作ってるゲームのBGMなんかでは、モチーフが同じだけで完全に別路線からのアレンジを施した曲とか作ってますが(キャラのテーマを日常曲にアレンジしたものみたいな)、これも結構原曲破壊しちゃってます(^^;)

で、あれ? 結局どんな話をしたいかというと・・・えー、んーと・・・


東方アレンジがライトアレンジばっかで聞き飽きた!とか・・・(違うそうじゃない)

 ■身も心も軽くなりました(良くも悪くも)

2008,04,25(Fri)
関わっていたプロジェクトが完全決着! ということで来月中に何か出るそうです。何がとは言わない(え
時間もたっぷり出来たところで(お金はともかくorz)今まで時間不足やプロジェクトの関係でやりたくても出来なかったことをちょこちょこと進めてます。色々と書かなくちゃいけない書類があるのがちょっと面倒なところだなあ(^^;)

 ■ゼノギアス2ではないにしろ

2008,04,24(Thu)
■ワールド・ディストラクション
シナリオ加藤正人・キャラデザ田中久仁彦・サウンド光田康典で製作中のセガ製RPGがあるとかないとか。ギアススタッフとか言う割に脚本書いてたはずの高橋哲哉だけはぶられている辺り何ですが、自分としてはこれはこれで加藤節が堪能できそうなんでむしろ良しということで。。。
加藤さんと光田さんとでまた何かやってくれないかなあとは思ってたんですが、こんなところで情報が出てくるとは思ってなかったです。つーかこの二人でやるのってディープラビリンスとかキリテ以来かな?
加藤臭漂うテキストと民族系光田サウンドが混ざってたら言うことなしなんですが、DSのゲームはいい意味でチープな音であるべきという光田さんの持論からすると後者はあまり期待しないほうがいいのだろうか(音質的な意味でなく楽曲的な意味で)
ソーマブリンガーみたいにゲームゲームしたサウンドの可能性のほうが高い気がする。

不安材料があるとすると実頭身3Dキャラのモデルが微妙なこととか(ゲーム中で使われるものではないにしろ)
セガなこととか
あとは・・・






「世界撲滅委員会」

あぁ、改めて心配になってきた(汗)

 ■クリプトンがしでかしてくれてた

2008,04,23(Wed)
『ETHNO WORLD 4 PROFESSIONAL』という、ドラム系音源に定評のあるクリプトンより今年2月に発売された(されていたらしいorz)民族楽器系のソフト音源があるらしいことをつい最近始めて知りました。
弦楽器からパーカッション系まで民族楽器を多数取り揃えた音源ということで是が非でも手に入れたいものになってしまいましたが、まあうちのマシンに9Gものサンプルが入るだけの余地はないですしVST使えるソフトもSOL2しかないんで糖分はお預けかな(^^;)
とりあえず今はこのマシンを何とかして少しでも環境を整えないと何から何まで重くて重くて⊂(・ω・`⊃ )⊃

 ■シャドウハーツプレイ中

2008,04,22(Tue)
積んだまま放置になっていたシャドハ2をちょこちょこ再開。今は変な生き物に遭遇した辺りです。
話のあらすじはある程度理解しちゃってるのですが、それでも見るたび笑えてしまうギャグシーンは本当に秀逸だと思う。ウル画伯の言動がいちいち最高すぎました(笑)
しかし1で気になったモーションの微妙さもモーションキャプチャーでかなり良い具合になってて驚きでした。というか攻撃モーション、もとい攻撃終了直後のモーションが秀逸すぎて魅入られてしまう。そしてハードヒット時に敵を吹っ飛ばしてハハハと笑うニコルはこの時点で敵役だと大体の人にバレてると思われるんだけどこれってどーなのよ(´・ω・)

で、話はいつも通りというか音楽面のほうに傾いてしまうわけですが。
1のテーマソング的位置づけにある『ICARO 精霊の歌』、このフレーズどっかで聞いたことあるんだよなあと思ってたんですが。



それが以前自分が作った曲だったと気づいた時の何とも言えない気分orz

「夢の降る場所」という2年位前に作ったピアノソロの曲があったのですが(今はもうデータが吹っ飛んじゃって手元にはありませんorz ちなみに泣きゲーのテーマ曲をイメージして作った曲で、メロディ自体も泣かせるシーンで使うようなタイプのものでした)そのサビ部分とICAROのサビ部分がもう殆ど同じ(!)という有様。
別段珍しいメロディラインではないにしてもあれをサイトに掲載したりしてパクリ扱いされちゃったらと思ってちょっと肝が冷えました(^^;) 製作途中のバージョンを日記に出した当時は割と好評だったんですよ;

しかし好きな作曲家である弘田さんが作るメロディラインと同じものを自分も作ってた、ということに気づいてちょっと自信をもてたりもしました(笑)
いやいや単純な頭だなぁOrz

 ■例えるならばFPS40でやっていたゲームが突然FPS60になるような

2008,04,21(Mon)
人ごみの中でそんな感覚を味わいましたorz
会社行く前からなんか熱っぽいなぁとは思ってたんですが、家に帰る頃にはもっと頭がぐわんぐわんしてしまってえらいことに
(自分の中の"えらいこと"というのは線引き的にはかなり自分に甘いラインで定められてるのであまりお気になさらず;)

といいますか、金曜からの3連休中もずっとピアノロールと格闘していたんですが、そのときから既に予兆は出ていて布団とPCの前の行き来だけで生活が完結していたわけで正直そういう生活ってニーとより酷くないかと、グラグラ揺れる視界を前にそんなことを考えていた俺の明日はどっちですかとかそういう話はどうでもいいだろうから置いといて、もしかして月のほとんどを一日一食ラーメンのみで済ませていたのが問題なのだろうかいやいやそういう話なら今になって始まったことでもないから益々原因がわからんです。
昔からのど飴なめると腹を壊すという変な体質ではあるのですが、風邪気味だったからバリボリ食べつくしたC-3000のど飴が諸悪の根源だったりするのだろうか。

時間が出来たそばからこの始末というのはもしかして何かのバチだったりするんでしょうかね。心当たりが多すぎてオイラわかりませんOrz

 ■黄泉の国から戦士達が帰ってきた

2008,04,20(Sun)
いやいや当方戦士なんて大それたものではございませんすみません。
とりあえずメインの仕事の方が一段落つきました!
ということで勤務スタイルは午後1時出勤の9時上がりになり(まあ、あとは某N堂のOKサイン待つだけで正直やることもないので)ある程度時間も出来てきた今日この頃、皆様いかがお過ごしでしょうか。三滝航です。

・・・・・・・・・はいすんません、結局三日ボーズでしたorz

毎日日記つけるようにしようと言い出して大体1週間経たないくらいですか、多分。
いやあ、どうせ日記の当日更新なんかしてないんで空白になってる日付の日記も後日まとめて書こうと思えば書けなくもないんですが

ゴメン覚えてない

正直なところ、見る側としてもそう何日分も過去ログが増えたところで読む気にはなれないと思うので(ぶっちゃけ自分だったら読む気になれないっす)空白の期間はそのまま、また少ーしずつ更新して行こうと思います。


・・・日記だけ
(・・・すみませぬorz)


■別のお仕事の話
そんなわけでこの連休、ゲームの作曲の方をガリガリ進めておりました。
比較的ダークな感じのBGMで自分のやりたいことをおもっくそ詰め込んでしまった曲だったのですが、作ってる最中に違和感感じたところとか完全にスルーしてたので作るうちにその違和感にも慣れてしまって(´=ω=)
しかし流石に違和感感じるようなところがあったんなら潰さないとまずい!ということで色んな人に違和感ないー? と聞いて回る羽目に・・・

付き合ってくれた友人の皆さんにはホント感謝。おかげさまでOKサイン出ましたですよー


■地獄少女
この数週間で二籠まで全部見通してみました。お話自体は突っ込みどころ満載であまり期待してたほどではなかったのですが、以前日記に書きましたとおり当方日本文化モノがえらい好きでありまして、そういう視覚的な部分では非常に楽しめました。
キャラの性格もゲストキャラ以外はいい造形してましたし、頭使わずぼーっと眺めるものとしては十分面白かったです。

しかしなんだかんだで一番好きなのは毎回出撃前に閻魔あいが禊するところだったりもする。
第3期も既に決まってるみたいですが主役どうするんだろうかなあ。


■防音室
作曲するんですよ
生声欲しくなるわけですよ
歌うんですよ
マイクあまり拾ってくれなくて結構大きな声で歌ってしまうわけですよ

これって近所迷惑酷いよねってことで楽器OKで防音な部屋を少し探してみた時期があったのですが(今の部屋自体はもう1年契約あるのでただの皮算用です)、1キロも離れていない場所で月65000円、更には2DKという(今の部屋は1K)結構いい物件を見つけてしまって心が揺れる揺れる。

いや、今の状態じゃ敷金も用意できないんでどうせ引越しなんてしないんですが。

 ■落札

2008,04,03(Thu)
TRITON-RACK、落札したのはいいものの7000円分吊り上げられちゃったかあ・・・
今月もなんだかんだでキツキツかも。イヤ、他になんか買ったわけでもないんですがって買ったのこの間の日記で書いてたわこれはやられたぜハッハッハ

正直バイトやる時間が欲しいですorz

割のいい仕事ください・・・>誰か

 ■こっそり

2008,04,02(Wed)
上げなおしておきました(何をだ)
前のよりは自然になった気がするけど一番最初のアタックが音割れしちゃってますね。。。最近EQするとき低音ブーストしすぎるきらいがあるのがいけないとこです。
ミックス作業ってやってるうちに耳が慣れてくるんで、周波数のバランス狂っててもどこがおかしいのかわからなくなってくるんですよね。。。
とにかくボイスに関する調整はこれで一区切り。分割して効果かけたボイスパートをトラックダウンして、あとはオケの本録りかな。
まあこれはマイクのテストの一貫でやってる試作品なので残りの作業は暇が出来るまでお預けっ!

自分の声だとはバレず、なおかつ加工音声だともバレにくい程度の声質になってるので多分大丈夫だろう、うん

 ■マイクを買って歌ってみた

2008,04,01(Tue)
やべえこいつ本気で演(や)る気だ
みんなそう思うだろうと思います。うん、自分でもそう思う。
でも自分「ケーキがないならパンにクリーム塗って食べればいいじゃない」みたいな力技がメッチャクチャ大好きなんですよ(笑) 加算半透明が使えないならフォトショップ上で加算半透明かけたものを合成してウソ加算半透明のエフェクトを作るとかそういうやり方(なんつー例えだ)
そんなわけでコーラス結局自分で録ることにしました。
いつか声録りして完全版にしてみたいなと思ってたクロノクロスの龍神を使ってミックス練習。オケの方はmidi一発録りの仮ミックスですけども。
クロノクロス - 龍神
(ボイス入ってるのは冒頭部分だけです)
実は女声出せるんすよ俺!





というのは勿論大嘘で(まあ非常に微妙な4/1ネタということで(^^;)
流石に自分の声そのままはキモすぎるので色んな加工手順を踏んでやってます。加工手順自体は巻き戻すと元の声バレて恥ずかしいので教えない!(笑)
しかしもっと綺麗系のボイス狙ってたんだけどどっちかというと少女質な声になっちゃってますね、コレ。思いのほかいい感じの歌声にはなったんですがその声質だけはちょっと問題かも。いや、加工のプロセス自体で引っかかってる問題なんでどうしようもないんですけど。
あと一番最初の入りとピッチ移行が凄くキモい気が(´・ω・)

ボーカロイドやっても自分の作風には乗らないだろうなあ、というのはこういう微妙な声の出し方をやりたいからなのでありました。「ア」と「オ」が混ざったような声とかぐにゃぐにゃした感じの出すの難しいっしょ! もしボーカル使う機会があったら(というかいずれは使わないといけないんだけど(汗)デモソングとかもこの手法で作るのがいいかも。

あー、ミックスもといEQは難しいぜー


■拍手レス
>………Mixiやっていたとは!
非常にわかりやすい拍手コメントありがとうございます(ピー)さん(笑)

>カラオケ?HAHAHA!6時間コースならいつでも付き合うぜ?
僕カラオケ行くと場の空気読まず自分の歌いたい曲ばかり歌っちゃう一番嫌なタイプだよ? それでもいいの?(その割に最初の1時間で喉が枯れる軟弱者でもある)

 | HOME | 

 HOME PAGE


 PROFILE

author:三滝航

救いのないお話とか大好きな、絵描き兼音屋見習い兼物書き見習い。最近挙動が益々奇人じみてきました。
ゆったりと絵を描き曲を作り文を書き、

今宵も生命活動を繰り返す。

 TWITTER

 MONTHLY

 RECENT ENTRIES

 RECENT COMMENTS

 OPTION

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。