ERROR and RETRY

‐‐‐‐‐白夜の語り部 Diary‐‐‐‐‐

 ■スポンサーサイト

--,--,--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 ■やっぱりだー!

2007,11,28(Wed)
前々から贔屓にしているゲーム音楽の作曲家、というか作曲チームに「Little Wing」というのがあるのですが、ここのまにょっ(MANYO)氏がまた俺好みな曲を書くのです。
仕事としてはアダルトゲームのBGM中心に活動しているのですが、昔はトルネコの不思議なダンジョン2のサウンド打ち込みやかまいたちの夜のBGMなどの仕事もやっていた模様。

月姫アレンジの「the 7th moon」なんかでは結構知られているようですが月姫のBGM自体に興味がなかったためこれはスルーしてました。あとはKeyの「ソララド」「ソララドアペンド」「Love Song」にアレンジャーとして参加してたようです。この辺のアレンジアルバムは個人的にも気に入っていたのですが、編曲にLittle Wingが関わっていたと知って驚くと同時に納得。どうやら自分は割と前からまにょっ派だったようです。
アカイイトのサントラ聞いた時も「何か音にソララド臭さが・・・」とか思ってたら作曲者同じだったという(^^;) 話は逸れますが、同じクラナドアレンジのMABINOGIで編曲を担当した樋口秀樹も大好きです、僕は。

で、まあ何故にそこまでまにょっ氏に入れ込んでいるかというと、この人の曲からどこか光田さんに似た匂いというか色気ですね。そんなのを感じたせいというのが大きいと思います。結局のところやっぱり光田なのかというと頷かざるを得ませんが、この人自身の毒気もそれはそれで大好きですよ? 念のため。
しかし前々から曲聞きながら「絶対この人光田スキーだ!」と思っていたのですが・・・(根拠としてはベースやマリンバ、ハープの使い方とパーカッション周りなどなど。勿論メロディからもそんな匂いはするのですが(ユッカの「ジル」「新たな出会い」、白銀のソレイユの「月光~去りし日の記憶へ~」などからはこれでもかって程に))昨日偶々見つけたMusieのまにょっ氏の(というかユッカの)りストに

>影響を受けたアーティスト
CORRS、光田康典、ZABADAK、新居昭乃、etc...

しっかり入ってました。やっぱり!(笑)

「YUCCA Project」でググってみるとMUSIEのリストやユッカのサイトが引っかかりますので、どんな曲を書いてるか興味がある人はそこで聞いてみてもいいかも。ユッカでは民族音楽の色が強く出ていますが、これはかなりお勧め。

ちなみに・・・
先日発売されたSkyfishの「はるかぜどりに、とまりぎを」でBGMを担当していたのがまたまにょっ氏だったのですが、ボーカル担当がクロノクロスの「RADICAL DREAMERS~盗めない宝石~(作曲・光田康典(笑) )」を歌ったみとせのりこさんだと知って鼻血噴き出すかと思いました。なんつー魅力的な組み合わせだこれ。
そんなコンビで作られたエンディングの「なみのうた」は何度もリピートするくらいお気に入りになってます(そういうことはゲームをやってから言え)
スポンサーサイト

 ■久々に真面目にお勉強

2007,11,16(Fri)
何年ぶりだか覚えていないのですが。。。電車の中で読んでいた貴志祐介の「硝子のハンマー」が読了しましたので、その時間を使って作曲周りの勉強をすることに。
教材として使っているのは以前購入したアルノルト・シェーンベルク著「作曲の基礎技法」。何を隠そう、この本は敬愛する光田康典氏が「これ一冊あれば十分」と薦めていたものなのですが、1割ほど読んだ感じでは確かに勉強するには良いという感触です。
書いてあることがすんなり頭の中に入ってくるという感じは忘れて久しい物だったので、なんだか非常に懐かしいような。下手すると5年ぶりくらいになるのかも(^^;) どれだけ勉強スタイル不真面目だったんだ自分。
まあ「光田さんお勧め」という脳内補正が多分にかかっていると思うんですけどね。
フリスク摂取したりアルコール入れたりすると作業効率が良くなるような気がする、という人の作業スタイル(人というのは大体尊敬する人だったりするのですが)を実行してみたら本当に効率よくなったような気がする、というくらい自己暗示の強い性格ですので。
三滝航はそんな思考回路の単純な、思考回路の操りやすい人間だったりします。

とは言え音楽理論は本当に必要だと感じたら学ぶ物ですので、現時点で急いで覚える物ではないのですが。。。

まあ絵・音楽共に物にする、という人生上の小さな小さな目標に向かっては、着々と進んで行けてるなあという感じがあります。
最終的な目標というのは本当にドリームなので、例えどんな場であっても人には言えないものなんですが(´・ω・)

 ■クロノトリガーより「ラストバトル」

2007,11,11(Sun)
■キモい顔、本体は右
クロノトリガースキーの大半は「ラストバトル」より「世界変革の時」の方が好きな気がするけどそんなことは何処吹く風、おいらは前者の方が好きなんですよ、こっちの方が光田さんらしさが出てる感があって。
あとクロノの魔王決戦もそれなりに好きだけどそれ以上につぐないの魔王決戦の方がもっと好きですとかいうどうでもいい話は置いといて。

さて、題通りクロノトリガーより「ラストバトル」。
この頃仕事と仕事の間を行ったり来たりばかりしてるので、たまには気分転換にと昨日の晩に5時間くらい使って作ってみました。

クロノトリガー - ラストバトル

大まかな部分はひと通り作り終わり、あとは。。。最初と最後に入るラヴォスさんの声どうしようかなあ。。。。。。orz
こうして暫く手をつけることもなく完成度80%越えのファイルがまた一つ増えるのだった。

ベタ移植でも面白みがないので今回も色々と工夫を加えてますが、その一つがクワィア(アーアーアーっていうコーラス音)の多重化。
使えるような音源がS-YXGしかないのが勿体ないのですが、その中で色んな種類のクワィアを織り交ぜて尚且つそれぞれに全く異なった処理を施しているので良い意味で厚みが出ていると思います。
この手法は現在ゲームのBGMを制作している中で思いついたものなのですが、この曲ではそこまで良い効果が出てるわけではない模様。良い方向には作れたのですが、元々が奇麗なコーラスを使うような曲でもないですし、クワィアの音の立ち上がり(ヴァイオリンを例にするとギッ、ギッと鋭い音を出すかギィ~と音を引き伸ばすか、みたいな)が早くて各トラックの差別化がし難いというあたりに問題があったか。
この手法を使ったゲームのBGMは元々が静かな曲なのでかなり良い形で効果が出てたのですが。。。むぅ。

次の工夫(というか正しい工程)はトラック毎の録音の上でのミキシング。左右に走るギザギザ音・左側で小さく鳴ってるギター・それ以外という3つに分けました。
ミキシング自体は前々からやりたいやりたいと思っていたことなのですが、気分転換ならいっそそこまでやってしまおうということでようやく着手。ミキシング楽しい~!
ミックスによる利点ってファイルごとに別の処理ができるところが大きいですね。全トラック同時再生で録音してしまうとどうしても音がつぶれるところが出てきますし。それに音源付属のエフェクタじゃやっぱちょっと弱いですしね。
工程としては録音後にSoundEngineとSoundForgeを使って音量調節とエフェクトをかけた後、SOL2で3ファイルのミキシング。大体こういうことをやればいいだろうという脳内シミュレートは前々からやってたのでほぼ思い通りの作業が出来た感がありました。
ギターの音も個別でディストーション加えた後にワウワウかけたり、元々は無いけど追加しておくと良い感じになる音を追加したりと、この作品は自分なりの解釈で制作を進めるというスタンスでやりたい放題やってます。

ただの気分転換のつもりで結構な経験値が得られたような気がするよ! さてこの後は。。。ラヴォスさんの声。。。。。。orz

やっぱ別の作業進めますね。


■拍手レスへんしn
>一万ヒットおめでとーございます。これからも音楽、絵と頑張ってくださいね!でも無理はしちゃ駄・目・よ!
無理しない、だが無茶する
本当はサイトリニューアル前に一度18000あたりまで行ってた頃もあったんですけどね(笑) ようやくここまで戻った。。。ありがとうございます、これから益々頑張りまするー!
三滝さんの生み出す音楽のファンなので、ゲームの完成が楽しみです
そんなこと言われたらもっとクォリティアップしなくちゃいけない気がしてきたじゃないっすか!
スケジュール上は12月まででひと通り作曲は終了(期待値を大いに含む)して、その後は「こんなんあったらいいんじゃない?」というのを勝手に作ろうかなと思ってます。あとタイトルロゴとか色々変なところでグラフィックもやってるかもしれません。
スタッフコメントは絶対イラスト付きで参戦して「え、この人BGMじゃないの?」とか思わせてやるのじゃー!
少なくとも期待には応えられるよう全力で挑むだけ挑んでみます。

 ■どうやら受かっていたらしい

2007,11,07(Wed)
冬コミについて。
先日の日記で冬コミ書類不備で落ちたとか書いてたような気がしますが、スマンありゃ嘘だった。
どうやら受かっていたようです。落ちたと言うのは誤報でした。すみません。

というわけで当方がBGMを担当させて頂いてますゲームですが、冬コミに体験版配布予定のようです。一部進行が芳しくないこともあって体験版ということになったようですが。。。そして勿論その一部というのには自分も含まれていたりする(汗)
ゲームの詳細はまた後日、webサイト開設あたりになるとは思いますが、今回のサウンドの作風解説くらいはしても良いのかな? どうなんだろう。

そして冬コミ後も別件が控えてて全然自分のことする時間がないわけである。
皆さんも時間は有意義に! ゆういぎに!!

 ■死亡日記

2007,11,03(Sat)
気づいたら10月も終わり・・・10月全く日記描いてませんでしたね(^-^;)
他愛も無い駄文だったらmixiの方でちょこちょこ更新してたんですが、まあこの一月の間に色々ありまして。更に言うともう2週間ほどはちゃんと更新できないかもしれません。
一番新しい近況報告としてはここ2日程度でしょうか、口から出せる物全て出して死んでいたという・・・! いやいや最新の近況がこんなんという時点でどうなんよという話ですが。二日間で6度も戻したのは初めてだった・・・今は何とか持ち直したのですが結局何が原因だったんでしょ(´・ω・)

で、一つ報告をば。
えー、自分が音楽担当として関わっていたゲームなのですが、冬コミは落選してしまったということでどこで発表するか只今検討中のようです。
更にはそちらに委託しようかなあと考えていた当方の夏コミの本の再編版も同時にお流れする形になってしまう可能性が高いのですが、その点はご了承下さい。
他サークル様への委託に関しては検討中、金銭面に関してもどうしようかなあといった具合になってますが、なるべく良い報告が出来るよう考えてみます。

 | HOME | 

 HOME PAGE


 PROFILE

author:三滝航

救いのないお話とか大好きな、絵描き兼音屋見習い兼物書き見習い。最近挙動が益々奇人じみてきました。
ゆったりと絵を描き曲を作り文を書き、

今宵も生命活動を繰り返す。

 TWITTER

 MONTHLY

 RECENT ENTRIES

 RECENT COMMENTS

 OPTION

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。